• 智浩 鈴木

畑の冠水で枯れた作物、残った作物

・枯れた作物

イタリアンパセリ、ナスタチウム、リーフレタス、人参

・一部枯れた作物

トマト、ズッキーニ、ディル、じゃがいもは多分芋が腐るかな

・枯れてないけど収穫がなくなった作物

ズッキーニ、きゅうり、


瓜科の果実は、長時間水に浸かると数日後に腐ってきます。

ハーブは水に弱いなぁ。バジルが残った!シソ科は強いかも。


本日は出荷日、いつもの水曜日の1/4売上のくらい。

ズッキーニがないのが痛いなぁ。

出荷したものは、きゅうり、きゅうりの花、バジル、玉ねぎ、じゃがいも、リーフチコリー。


予想していたのでしょうがないです。

枯れてしまうのは悲しいけれど、冠水する畑に植えた僕の責任ですぅ。



53 views0 comments

Recent Posts

See All

【百姓はその土地を活かす】 昔から百姓はその土地を活かして利用してきました。水があるところには水田を作り、山を切り開いて畑を開墾し、里をつくり、自然との折り合いをつけて日々の営みを送ってきました。 僕はこれを、自分の住んでいる環境を理解し、活かしてきた。と解釈しています。しかし、僕自身この環境や畑を活かせているか?と自問した時に出てきた答えが、活かせていない、でした。 3年間水田を畑として利用して

朝からズッキーニの手入れ、幼果を全て落として樹が元気になるように。 晴れれば元気になると思います。 実が大きくなるには、雨の水分でなくお日様の光の方が影響が大きいようです。 昨日はそばにいるのもしんどかったのに、今日は晴れやかな気持ちで。 いつもは元気をもらっているけれど、ズッキーニが元気になりますように。 気持ちって不思議ですぅ。

7月1日から約400mmの雨が降りました。周りに降った雨も流れてくる畑なので、 冠水するのは予想通り、収穫しきれなかった人参は根腐れで畑に還ることになりました。 作物が枯れていく様子を見るのが辛く、胸がギュッと締め付けられる感覚。 畑にいるのが辛いので田んぼの補植をしました。 夕方にみーこが陽太を連れてきてくれて、田んぼのそばにいる二人の笑い声を聞きながらの補植が心地良くて、幸せな気分になりました