• 智浩 鈴木

春まき人参の腐り




畑が冠水してから収穫した人参から腐りが出てきました。

収穫してから保冷庫で保管して2日。


先っぽのほうを押すとむにゅっと溶けた人参がでてきます。


慌ててこの数日で出荷先にお詫びと確認の連絡を。


すると返事が、

「お気遣いありがとうございます!大丈夫です!」

「大丈夫ですよ!」

「ありがとう!今のところ大丈夫だよー!」


となんとも逆に励まされるような感じを受ける返事に(僕の感じ方です)、放っておかず確認の連絡をして良かったな、と。


「素直に誠実に」


こういうことなのかなぁと、思ったのですぅ。


ちなみに日曜日にお渡しした方は、やはり傷んでいたので返金しました。


人参は2日冠水するとダメですね。

春まき人参は収穫期が梅雨。

夏まき人参は収穫期までが台風。


水田転作畑ではリスクが大きいです。

味の違いがわかりやすいので好きなのですが。

そのへんのリスクが伴う野菜ですぅ。



35 views0 comments

Recent Posts

See All

【まつり農園】 まつり農園の農業は生命業。昔からのまつりごと。自然や生命に倣い、勤め、尊び、感謝する。自然とまつりあう農園です。 就農当初から屋号は変わっていません。しかし「まつり」の解釈が何度か変わっています。 はじめは、お祭りのような、虫や鳥、野菜や野草、ヒト、生き物で賑やかな農園になればいいなぁ!そんな気持ちで「まつり農園」としました。もともと自然豊かな里山で就農したので、生き物も多様で、畑

【百姓はその土地を活かす】 昔から百姓はその土地を活かして利用してきました。水があるところには水田を作り、山を切り開いて畑を開墾し、里をつくり、自然との折り合いをつけて日々の営みを送ってきました。 僕はこれを、自分の住んでいる環境を理解し、活かしてきた。と解釈しています。しかし、僕自身この環境や畑を活かせているか?と自問した時に出てきた答えが、活かせていない、でした。 3年間水田を畑として利用して